このサイトについて

水まわりの住宅設備にまつわるつまりや水漏れなどのトラブル…。できることならお金をかけず、自分で解決したいですよね。
こちらのサイトでは、いろいろなトラブルを実例付きで紹介しています。
非常時の際は、参考にしたり、最悪の場合は業者さんに連絡して解決しましょう!

最新のお風呂の排水溝

水回りに必ずついているものとして、排水溝があります。排水溝はその名の通り、使用した水を室外へ排出する部分です。したがって、汚れやゴミが溜まりやすい場所となっています。台所はその用途上、排水溝に気を配ったつくりになっています。排水溝のカバーは細かいゴミをキャッチする形状になっていますし、排水溝内部にゴミをキャッチする部分があります。あらかじめネットなどをかけて置き、ネットごとゴミを捨てる形です。しかし、台所以外では、排水溝には簡単なかばーがあるだけで、排水管に容易にゴミを侵入させてしまう場合が多いです。その結果、排水管がつまったり、流れが悪くなるなどの問題が起こります。また、つまりの部分に雑菌が繁殖し、悪臭を発生することも考えられます。

水回りのうち、お風呂は台所に次ぐ汚れの多い場所でしょう。そもそも、流れる水の量は一番多いところですから、その分排水溝にかかる負担も大きいわけです。したがって、台所まではいかなくとも、それなりの対策が必要かと思います。対策としては、カバーをかけたり、定期的に掃除をすることがあります。しかし、カバーはすぐ詰まってしまいますし、排水管の掃除は強力な洗剤が必要だったりと、意外と手間がかかります。そのため、最新のお風呂の排水溝では、ゴミをキャッチする工夫が施されています。ゴミをキャッチするカバーが標準装備で、排水溝に至るまでに水流を作り出し、ゴミをまとめる機能などがあります。